太った中年

日本男児たるもの

吊革パイプの一発芸

f:id:fatmiddle:20160325003407j:plain

それは夕方の地下鉄の出来事でした。ラッシュアワー前だったので車内に人は少なく座席も空いていました。ある駅でスーツ姿の30代サラリーマン風男性が乗り込むと次の駅で降りるのでしょうか、彼は空いている席に座ることなくドアの横に立ったままでした。そして次の駅到着のアナウンスが流れると彼は突然軽くジャンプして吊革をぶら下げている金属製パイプを両手でつかみ1度だけ懸垂をしてドアが開くタイミングで手を放し電車を降りました。まったく予期せぬ素晴らしいパフォーマンスに感動しました。ではまた。

広告を非表示にする